進撃の巨人ファイナル・シーズン再開、NotionのBoard、夕飯は鍋

進撃の巨人ファイナル・シーズン再開

漫画版は既にだいぶ前に終わっているのだが、アニメ版もついに最後の時を迎えようとしている。謎はだいぶ解明されてきた。だけど、まだまだ謎が多い。

例えば、まるで未来や過去を知っているようなことを思わず喋って、本人も「え?」となるようなシーン。結構あるからね。

前回、ファイナルシーズン前半の終わりは、まさに「大バトル直前」で終了。マーレー軍の進軍、巨人たちの集結と対決。ワクワクだねー。

さて、今回は後半の第1話となるけど、思ったほどは展開が少なかったような気がする。だいぶ話が大きくなりすぎたために、個々人のストーリーがなくなり気味なのがちょっと心配なところ。

まぁ、まだ最初だからね。ここから期待して観ていきましょう。

スターバックスでの作業

本日もスターバックスで作業を行っていた。やるべきことはまだまだたくさんある。商品販売がこんなにも時間がかかるというのは、準備が周到すぎるのかなーと反省しているところ。

前はもっとスムーズだったような気がするんだけどね。LINEでの仕組みづくりも結構かかったからなー。思えば、メールだと一本道なんだけど、LINEは分岐をアレコレ使って処理している。そのあたりが複雑さを生んでいるのだろう。

今後、コンサルティングするときは「私の事例」を語るつもりなので、最低限の一本道をまず構築してから、枝道を作るようにしたほうが良いかも知れないな。

また、作業の管理でNotionのBoardという機能を使いはじめた。まだ良くわからずに使っているのだが、作業前、作業中、作業完了というのを付箋紙を張り換えるようなイメージで管理していく。

全体像を把握しながら現在の進捗状況を知ることが出来るので便利だ。やることが多すぎるので、一体どこまで終わったのかがよくわからない。最低限どこまでやるべきなのか、優先すべき順番はどうなのか?などなど。

それらを視覚的に理解できるようになるのが良いところなのだ。ただ、粒度を大きくするとざっくり感が増すし、小さくすると煩雑になる。これはどんな管理方法でも言えることなんだけど、まだ粒度がよく分かっていない。

もう少し実践してみよう

鍋で温まろう

「今日は鍋だ」と昨日から決めていた。昨日が雨だったので温かいものが良いなーと思っていたからだ。鍋って、材料をとにかく突っ込むだけなので簡単。うどんをいれたら、ご飯を用意する必要もない。

調理器具である鍋をそのまま、どーんと食卓の置くだけでいいのでとてつもなく楽だ。お椀とお箸があれば準備完了。洗い物も少ないのも良いよね。

今思ったけど、今年の冬は「鍋づくし」にしようかな。鍋もいろんな工夫ができるし、安くて、美味しくて、簡単だからね。