映画「ブラックサイト」 見たら、あなたも共犯者

2017年10月28日

殺人を生中継しているサイト。
そのサイトにアクセスする人数が増えるほど、死が早まる。

なかなか面白そうな設定。さて、どのように見せてくれるのか?

出だしはゆっくり。それでいてネット犯罪の解決の一例を見せてくれる。
んが、専門用語だらけで普通の人は、まず意味が分らない。
いきなり置いてけぼりされた感じを受ける。

メインの事件が発生して、かなりの知識と技術を持っている犯人に翻弄されるのだが、あまりに「何も出来ない」。捜査員全員がモニターの前で「くそー」と言いながら、見ているだけ。

この手の映画としては、追うものと追われるものの攻防が面白いと思うのだけど、圧倒的に犯人が強い。もうちょっと、頑張って欲しかった…。

犯人を特定する場面が、この映画一番の盛り上がりを見せるのだが…。
こちらは、「あーで、こーで」と一気にセリフで喋って終わり。早っ!

原作小説はなさそうなんだけど、序盤から終わりまで小説のような雰囲気を持っている。
「小説だったら面白そう」と思いながら、ずっと見ていた。

「ちょっとおしい」というのが、この映画の感想。