原付でヒヤリとすることが多い

2017年10月28日

最近、ちょっとした移動には「原付」を使っている。
ちょっぴりのガソリンでスイスイと走れるのでとっても便利。

でも、怖い思いすることが良くある。
想像はつくと思うけど…。

車の幅寄せ攻撃

スピードの遅い原付がチョロチョロと前を走るのが邪魔だと感じるのはよく分る。私も車を運転することがあるから、結構嫌なもの…。

だからといって、幅寄せは止めてくれ!
道幅が狭いところで、無理矢理追い抜いたり…、路駐している車をよけるために車道の中央に出たところを、さらに追い抜いたり…、ちょっと無理があるよ。

一番恐ろしいのは意図的な幅寄せで、原付を追い抜きざまに左に車体を寄せてくる。
右側は十分に開いているにもかかわらず。
こっちはガードレールと車に挟まれそうで、ヒヤリとする。

本当に頭に来るので、わざと事故ってやろうかと思うときすらある。
完全に車側の過失になるので、警察で調書取られたり、保険会社に支払いを頼んだりとか、とにかく車側の人間に負い目を追わせたくなる瞬間がある。

でも、そんなことをしても痛いのはコッチ。生身の人間が乗っているのだし、この暑い時期は半袖など露出も多い。転倒したら、相当の傷を負うだろう。

事故になるなんて、もちろん嫌だが、それぐらいしないと、相手は「へへぇ、びびってる」ぐらいにしか思わないだろうなと感じるのだ。

こーゆー、原付に幅寄せするような人たちは、車の怖さを理解していないんだろうなと思う。事故の悲惨さなんて、テレビでさんざんやっているのに、自分は事故らない、相手も事故らない、という根拠のない自信があるのだろうな。でないと、あんな危険なことが出来るはずがない。

ちなみに私が幅寄せされやすい理由は、「きちんと法定速度を守っているから」だと思う。つまり、時速30キロ(~35キロをMAXにしている)、車が40キロ以上で走っているところ、原付一台で後続はノロノロ運転になる。狭い道では本当に邪魔だよね。

邪魔だと思うのはいい。わたしも思う。
だけど、幅寄せなどの危険な行為は絶対に止めて欲しい。

今日は、恐怖の幅寄せを二度も食らって、マジで怒って、勢いでエントリーしてしまいました。