googleマップ ストリートビューが凄すぎて驚いた

2017年10月28日

アメリカでは去年からgoogleマップ上に道路の風景を360度表示されるようになっていました。
日本でも同じよう機能が提供されるようになったので、早速チェック。

最初の予想では、極限られた一部の地域、たとえば●●区だけかなと思っていたのですが…。
これがビックリ、東京都と大阪府のかなりのエリアをカバーしている。札幌、函館、仙台も。
しかもかなり細い路地も表示されるので、えぇ!って感じで驚いた。

当然ながら自分が住んでいるところを見てみると…

「うわ!ここだ!」

ご近所を散策して、ひたすら「すげー」を連発してました。(馬鹿です)

使い方は簡単で、googleマップ上の右上「ストリートビュー」というタグをクリック
薄い青色がストリートビューが表示可能部分。マウスでグリグリ360度回転できます。
地図をクリックすれば、その場所を表示。人形アイコンを掴んで移動もOK。

まぁやってみると面白いです。

 近所のTSUTAYA

 細い路地 こんな細い路地も表示される
団地の間の道も 団地の中も…いいのか?
商店街の中も 商店街の中もいきます。たぶん早朝
職務質問中 職務質問されいている姿が…
新宿アルタ前 新宿アルタ前。

待ち合わせ場所の説明や、道順を教えるときなんか便利そうだね。

アメリカではプラバシーの問題が取りざたされていましたが、当然日本でも起きるでしょう。
googleで、顔や車のナンバー、看板の電話番号などは消されているようです。
やばいものを見つけた場合は、ヘルプの中にある「不適切なストリートビューを報告」で報告することが出来ます。