なぜ、子供はゲームが好きなのか…?

2017年10月28日

ふとテレビ欄を見るとNHKでこんな番組をやっていた。

土よう親じかん「ゲームとどうつきあう?」

途中から見たのですが、すげーナイスなこと言っていたので、公開メモ。

子供はなぜ、ゲーム夢中になるのか?という話で…

ゲームには「目標設定、目標の達成、達成を褒める」という三つがある。
そして
目標設定や、新しい目標を提示のタイミングが絶妙にできている。
飽きっぽい子供の気持ちを、ずっと繋ぎ止めるために、すごく考えられている。それは「子供に対しての徹底的な、おもてなし」の気持ちなのだ。

うーん、なるほど…。

目標設定、目標の達成、達成を褒める」って、まさに子育ての王道
勉強にしても、しつけにしても、親よりもゲームの方が上手ということなのだ。

さらに話の流れで、

子供は本当はゲームよりも親と一緒に遊んでいる方が楽しい。
ゲームは作られた範囲でしか遊べない。
でも、親との遊び方には何の制限もない。
実は子供がゲームに夢中の間が、親の自由時間となっていないか?

てな話もあった。

なかなか面白かったので、再放送で見てみようと思う。
6月21日(土曜日)PM2:30

内容はかなり要約して書いているので、ニュアンスが違ってたらゴメンね。再放送見てね。

こんなゲームもあるんだね…。ちょっと驚いた。
NHK「すくすく子育て」製作チームが完全協力、なんだって。スゲー。

[ゲーム] 開一夫先生(東京大学)監修 すくすく子育てDS 赤ちゃんと遊ぼう!