鉄道博物館にいってみたら…

2017年10月28日

3歳の我が子と一緒に「鉄道博物館」に出かけた。
すると偶然にも「もしもツアーズ」の撮影現場に遭遇。

入り口のSLのオブジェのところで子供と写真を撮ろうとしていたところ、「これから撮影なのでぇ…」と柔らかにどかされる。
が、子供にとっては、そんな大人の事情が分かるはずもなく、オブジェに近づけない不満でブーな顔に…。

ガンとして動かない我が子を、ちょっと遠めに眺めてました。
撮影の本体(坂下千里子さん御一行)がどんどん近づいてきたー。

怪しげな親子がSLのオブジェの前で記念撮影。
この親子、完全に「仕込みの親子」。何度もリハーサルしていたし。
家族の服装センスがバラバラだし、女の子だけ妙に可愛いし。
お父さん、いまどきカメラ付きフィルム(使い捨てカメラ)ですか!

さて、ウドちゃんと今回のゲストと思われる小池徹平(と思う)でSLオブジェの前で撮影が始まった。
ガンとして動かない我が子だが、だんだんと泣き顔になってきたので、抱っこして脱出。

もしかしたら写っているかもしれない。もっとも角度的に微妙な場所にいたので…どうだろう。

もし「鉄道博物館」の入場前、SLオブジェクトの前で、黄色い防寒着を着ている子がいたら、うちの子です。
もっとも、このシーン自体がごっそり無い場合もあるので、さらに期待薄だけど。

鉄道博物館に行ってみたら