xoopsとアフィリエイト リンクコードが変更されてしまう…

2017年10月28日

xoopsでアフィリエイトページを作って、何度か編集を繰り返した。
その過程で気がついたことだけど、「リンクコードが変更されている…」

アフィリエイトリンクコードは基本的に改変不可。提携解除、最悪の場合アカウント削除。

詳しく見てみると、リンクコードの内容的には問題ないみたい。

例:
<A TARGET="_blank" HREF="~">サンプル</A><IMG WIDTH="0" HEIGHT="0" SRC="~">
  ↓
<A href="~" target=_blank>サンプル</A><IMG height=0 src="~" width=0>

微妙な変更…。たしか、xoopsはリンクコードを整形する機能があった気がする。
ふつうにHTMLページを作っているときは便利な機能だけど、アフィリエイトの場合はアレコレ問題になるなぁ。
問題じゃないといえば、問題じゃないけどね。
要素の順番が変わったとか、小文字が大文字になったとか、ダブルクォーテーションがなくなったとか…。
この程度で提携解除になることは「まず無い!」と思っているけど、なんだかスッキリしない。

もうちょっと調べてみよう。

追記:2006-05-08 22:50 —————————–

これは、「テキストサニタイザ」と呼ばれる機能によって起こるものらしい。
本来の目的は「無害化」。つまり不正な文字列が送り込まれて、実行されることを防ぐため。

そのためあらゆる処理において、通過する機能になっている。
参考:Xoops Users Group Japan – 6.4 テキストサニタイザ

と、同時に「文字列の整形」も同時に行っている。
たとえば、「http://」で始まるときは「<a href="http://">http://</a>」のように整形。
この「文字列の整形」がリンクコードの微妙な改変に繋がっている模様。

うーん、面倒だけど改造するしかないかな…。