久しぶりにMySQL

2017年10月28日

「テンプレートマスター」とは別なサイトを現在立ち上げ中。
その中にブログ機能を持ったモジュールを組み込みました。
モジュールを追加するだけでブログに変身!xoopsは本当に便利です。
このサイトのURL自体は3年ほど前から使っていて、CGIでできた日記を書いていました。
活動していた2年間ほぼ毎日書いていましたので、500を超える記事があります。
まだブログという言葉も一部の人しかしらなかった時代からの日記です。
読み返してみると結構面白い。「コンテンツとしても使えるぞ!」
と思うわけですが、ブログモジュール「weBLog(うぇブログ)1.42」にはインポート機能がありません。
というわけで自力でインポートに挑戦しました。
まずは、日記のデータ形式をチェック。単純なCSV形式なので判りやすい。
今度は、xoops側のデータ形式をチェック。MySQLで管理されているので、phpMyAdminというWEB上からデータベースを操作できるツールを使って調べます。
双方のデータから「日付」「タイトル」「本文」「カテゴリー」などを一致させます。
大きな違いは一箇所。日記の日付は「20041112]という年月日の形式ですが、MySQLの方は「1050332400」といった感じのUNIXタイムスタンプが使われています。
ここはMySQLのUNIX_TIMESTAMP関数を使って変換。
後は追加のクエリー(命令)を実行して、完成です。
サラリと書いていますが、結構悩みました。
うまく過去の日記が復活したので大満足。今日の仕事はこれで終わり!