悩み解決 目的ページへの移動がわかりやすくなった

2017年10月28日

コンテンツページを作成するモジュールに当初は「xf-section」を利用していました。
階層化することができて、一つの記事の任意の場所に[pagebreak]と入れるだけでページ分けができたりと大変便利なので、これで作っていました。
でも、前回書いたように目的のページにたどり着くのに、いくつもクリックしなければならず、ユーザビリティに優れていない点が悩みでした。
この「xf-section」から「tinyD」というモジュールに変更。
「tinyD」階層化のような複雑なことはできません。しかし、現在のHTML作成したページ構成に一番近い形のページを作り上げることができます。
特徴は、「tinyD」モジュールを複数コピーしてしようできること。
そのため、コンテンツテーマごとにコピーして分けて分類することができます。
トップページからのメニューも表示/非表示が選択できるし、テンプレートもシンプルなのでレイアウト変更も簡単です。
これで悩みも解決したので、公開に踏み切れそうです。
年末ですし、切りよく1月1日スタートにしようかと考えています。