あ~ま~ぞーん!

2017年10月28日

ずーっと前にAnazonアソシエイトのページを作ってみたことがある。
キーワードによってはgoogle検索で上位に入っていたので、アクセスはそこそこあるサイトだった。
でも、肝心の売上に繋がることは少なくて、レポートをチェックすることもなくなってしまった。
本、CD、DVDもいろいろなサイトで売っているし、amazonサイト自体も良くできているサイトなので、ショップ形式では太刀打ちできない。
しかもメインが本となると単価が低くて、レビューを書いたり紹介する手間の割には実入りが少ない・・・。
エレクトロニクスやホームアンドキッチンなどのカテゴリーが増えても、「ちょい高いな」って感じ。kakaku.comで比較すると、どうしてもAmazonは負けることが多くなる。
そんな理由で敬遠してました。
少し前にAmazonのデータベースに直接アクセスしてデータを得るサービスがはじまり、ちょっとだけ興味を持ったのだが・・・説明が全部英語・・。素行挫折・・・。
ところが・・・、今日サイトをアチコチ回っているときにデータベースへのアクセス方法が判りやすく書かれてあった。
WebサービスをAmazonで知る
ほぉー。これならできるかもしれん。
しかし、XMLというのが立ちはだかる。記述言語のひとつで、これからどんどん普及していきそうな気配だけど、よーわからん。
でもAmazonのデータベースからの情報を簡単に取り組むためには避けては通れなさそうだ。
そんなわけで、「XML入門」の本を買って、ただ今勉強中。
designed BY まよ(^-^*)